FEKO
製品概要お問い合わせ FEKO

■ 製品概要

□ FEKOとは

FEKOは、包括的な高周波向け計算電磁気学(CEM)ソフトウェアです。電気通信、自動車、航空宇宙、防衛の各産業で広く活用されています。FEKOでは、1つのライセンスで複数の周波数領域 / 時間領域EMソルバーを使用できます。これらの解析手法のハイブリッド計算により、広範なEM問題を効率的に解析することができます。たとえば、アンテナ、マイクロストリップ回路、RFコンポーネント、RF生体医学システム、電気的大規模な構造上でアンテナの配置、散乱の計算、そして電磁両立性(EMC)の検査などです。
またFEKOでは、特性モード解析(CMA)とケーブルの双方向連成解析の専用ソルバーなど、さらに難しい電磁的な相互作用を解くためのツールが用意されています。ガラスアンテナやアンテナアレーの効率的なシミュレーションを実現する、特殊な定式化手法も含まれています。

MLFMMやソルバーの完全なハイブリッド化などの機能も搭載したFEKOは、アンテナの配置解析のツールでは世界トップクラスと評価されています。

□ FEKOの主要な適用分野

FEKOは幅広い分野での電磁界解析、最適化にご利用いただけます。

  • 3Dアンテナ設計 
    ホーン、マイクロストリップパッチ、ワイヤアンテナ、反射器アンテナ、等角アンテナ、広帯域アンテナ、アレイの解析
  • アンテナ配置 
    船舶、航空機、装甲車などの大きな構造物にアンテナを設置して、アンテナ放射パターン、放射ハザードゾーンなどを分析する
  • 電磁結合と干渉(EMC、EMI) 
    エンクロージャの遮蔽効果、複雑な環境でのケーブル結合解析、例えば車内配線、放射線ハザード解析
  • バイオ電磁気学 
    均質または非均質体の分析、SAR抽出
  • 3D RFコンポーネント 
    導波管構造の解析、例えば、フィルタ、スロットアンテナ、方向性結合器
  • 3D EM回路 
    マイクロストリップフィルタ、カプラ、インダクタなどの分析 。
  • レドーム 
    大規模構造における複数の誘電体層の解析
  • 散乱問題 
    大小構造のRCS解析
FEKO適用分野
□ 電磁界解析法(CEM)
  • マクスウェルの方程式:電磁場のふるまいを記述する電磁気学の基礎方程式になります
  • EM = Computational Electromagnetics (計算電磁気学)
  • CEMはマクスウェルの方程式の数値解法です
  • CEMは産業界に必要不可欠なツールとなっています
CADFEKO

 

■ FEKOの主要コンポーネント

□ CADFEKO – 3D CADモデラー

ジオメトリ、メッシングおよび/または材料パラメータ(例えば、誘電率、コーティング、導電率)を変更するために変更可能な変数および数式を有するパラメータモデルを作成する。

ボタンをクリックすると、標準構造(円柱、多角形、球、円錐など)を作成できます。

ジオメトリオブジェクト(例えば、分割、結合、交差、減算)に対してブール演算を実行します。

解析曲線、スプライン、NURBSサーフェスなど、さまざまなタイプの曲線とサーフェスを定義します。

線、ポリゴンなどを作成するために外部から計算されたポイントのリストをインポートする

線や曲線を回転、スイープ、ロフトすることでジオメトリを作成します。

オブジェクトの移動、回転、拡大/縮小、ミラーリング、整列を行います。

曲面やサーフェスをサーフェスやソリッドに投影します。

ユーザ指定のパス、シールド、および断面を持つケーブルを追加します。

ジオメトリの特定の領域に対して指定可能なメッシュ密度を持つサーフェスメッシュ(三角形)またはボリュームメッシュ(四面体)を作成します。 メッシュ機能は次のとおりです。

  • 単一のモデル内の可変メッシュ密度により、小さなフィーチャを正確かつ効率的にモデリング
  • 面とエッジで指定可能なメッシュ密度
  • メッシュ固定ツール
CADFEKO
□ FEKOソルバー

○ 複数のソルバーを搭載

電磁界解析においては複雑さや電気的な大きさが多岐にわたり、1つの計算手法だけではすべての問題を効率良く扱うことはできません。FEKOには多種多様なソルバーが用意されているため、ユーザーは解析対象の問題に最適な手法を選択したり、交差検証のために複数のソルバーを使用したりできます。すべてのソルバーがFEKOに組み込まれており、ライセンスは分かれていません。

○ ハイブリッド化機能

難しい問題を解く際には、1つのソルバーだけでは対応しきれない場合があるかもしれません。FEKOには、業界最先端のハイブリッド化機能が搭載されており、異なるソルバーを組み合わせてそれぞれのメリットを足し合わせることができます。これにより、電気的に大きくかつ複雑なマルチスケールの問題をより効率的かつ正確に解析することができます。

FEKOソルバー

○ 周波数ベースの解法

  • MoM:モーメント法、境界要素法の一種でハイブリダイゼーション解放に使用されることが多い
  • MLFMM:MoMを高速化した手法でこの実装は最先端になります
  • FEM:有限要素法の一種で複雑な材料領域の解析をするために使用されます
  • PO/RL-GO/UTD:高周波近似解法、電磁波長的に比べ非常に大きい現象を解析するために使用されます

○ FDTD:時間領域差分法

○ ハイブリダイゼーション解法

  • 各種解法をひとつの解析で同時に用いる手法

□ POSTFEKO - ポストプロセッサー

機能:

  • モデル検証
  • 結果の後処理および視覚化

特徴:

  • 複数のジオメトリ(* .fek)と結果(* .bof)ファイルを1つのセッションで複数の2Dおよび3Dビューに対応
  • 放射パターン(3Dモデル、2D XY /極)
  • 放射・遠方界データ、レーダー断面積(RCS)等
  • フルマルチポートSパラメータ抽出
  • サーフェスのいくつかの可視化オプション 等表面、2Dフィールドカット
  • 比較のために同じビューポートで複数の結果を表示可能
  • 同じタイプの複数の結果をサポートします。たとえば、複数の近接場オルトスライスを同じ3Dビューに表示します。
  • 2D結果はデカルトグラフ、極座標、スミスチャートでさまざまな形式で表示できます。
  • 3Dビューは、ジオメトリ、メッシュ、電流、ニアフィールドおよび/またはファーフィールドを表示するように設定できます。
  • ローカルおよびグローバルの最大値および最小値、ビーム幅、帯域幅およびサイドローブレベルなどの値に対する2Dグラフ測定値および注釈。
  • 3Dビューでは、選択可能なカットエンティティを持つ複数の、任意に方向付けられたカットプレーンがサポートされています。
  • グラフとデータのインポートとエクスポート(例:比較目的での測定値のインポート)。
  • 高度な比吸収率(SAR)ディスプレイオプション(IEEE標準に準拠した全身平均、10gキューブ、ローカライズされた1gキューブ)
  • UTD光線の色はそれらの相対的な振幅を示す。
  • 電気表面電流および電荷密度表示オプション。
  • 特徴的なモード電流、フィールド、固有値、モーダルの重要度、および特徴的な角度の表示オプション
  • スクリプトベースの高度なポストプロセッシングと、Lua POSTFEKO APIによる自動化
  • 一般的なファイル形式への画像やアニメーションのエクスポート。
  • MS PowerPoint、MS WordまたはPDFファイル形式へのシンプルまたはテンプレートベースのメカニズムによる自動レポート生成。
  • 最適化結果の可視化。
  • 時間領域の結果処理のサポート
POSTFEKO
□ インポート/エクスポート
FEKOでインポート/エクスポート可能なフォーマット

CADフォーマット Meshフォーマット
  • Parasolid
  • AutoCAD DXF
  • IGES
  • STEP
  • Pro/ENGINEERR
  • Unigraphics / NX
  • CATIA V4
  • CATIA V5
  • Gerber
  • 3Di
  • ODB++
  • ACIS SAT
  • FEKO mesh
  • FEMAP neutral
  • NASTRAN
  • meshed AUTOCAD DXF
  • STL mesh
  • PATRAN mesh
  • Ansys CDB file mesh
  • Concept mesh
  • ABAQUS mesh
  • Gerber
  • GiD
  • NEC
  • ASCII data format

■ 稼働環境

PDF HyperWorks 2017 対応プラットフォーム一覧

■ トライアル

FEKOの30日間無償トライアル制度をご用意しております。
トライアルご希望の場合は、こちら からお問い合わせください。

FEKO トライアルお申し込み

FEKOトライアル

WinProp トライアルお申し込み

WinPropトライアル

Flux トライアルお申し込み

Fluxトライアル

WinProp 体験講習会お申し込み

WinProp体験講習会

関連製品

HyperWorks®

WinProp™

Flux®