APM製品概要サポートFAQお問い合わせ SteelCentral

アプリケーションの品質維持や迅速なトラブルシュートのためのソリューション

ソリューション概要
エンドユーザ体感品質のモニタリング

一連のトランザクションを自動的に分析することで、エンドユーザが体感する不快感の原因が"どこに"存在するのか管理者が容易に把握できます。

エンドユーザ体感品質 画像1
SLA のしきい値を設定することで、各拠点におけるエンドユーザの体感品質を常に監視可能です。品質悪化が生じた場合、Email / SNMPTrap / Syslog を用いて通知します。

エンドユーザ体感品質 画像2
ユーザが体感するアプリケーションのレスポンス時間を、データ転送時間やサーバレスポンス時間などに分類してグラフ化することにより、パフォーマンスの劣化原因の所在が視覚的に判断できます。

 
レスポンスタイム予測

クラウド移行やサーバの集約、契約帯域の変更などによるレスポンスタイムへの影響を事前に予測することができます。

レスポンスタイム予測 画像1
帯域幅、レイテンシ、パケットロス、TCP ウィンドウサイズなどのパラメータを変更してネットワーク遅延の影響を予測します。

レスポンスタイム予測 画像2
アプリケーションのターン数やデータのサイズ、サーバの処理時間などのパラメータを変更してアプリケーション遅延の影響を予測します。

 

製品概要

アプリケーションリアルタイム監視AppResponse Xpert
エンドユーザ体感品質の監視と分析

SteelCentral AppResponse は、アプリケーション、ウェブページ、拠点毎のパフォーマンス分析により、品質悪化の原因を迅速かつ容易に特定できます。パケットキャプチャ方式であるため、ネットワークに負荷をかけずにトラフィック監視が可能です。仮想環境上のトラフィック監視、VoIP の音声品質監視 を使用したネットワーク監視など多様な状況にも対応できます。
アプリケーションパフォーマンス分析ツールOPNET AppTransaction Xpert
トランザクションの詳細分析、レスポンスタイム予測

SteelCentral Transaction Analyzerは、キャプチャデータを基にトランザクションを可視化します。各ティアで収集したデータをマージすることにより、マルチティア構成のシステムにおけるトランザクションのボトルネックを特定できます。また、クラウド移行時や帯域幅変更時などのレスポンスタイムを事前に予測することが可能です。