OPNET
製品概要モデルライブラリアドオンモジュールサポートユーザーエリア大学プログラムセミナー・トレーニングFAQお問い合わせ OPNET R&D
OPNETモデルライブラリ
情報工房販売モデル
IEEE 802.11a
無線LANプロトコル評価・シミュレーションモジュール
用 途
プロトコル規格の評価検討
ローミング方式の検討
無線LAN導入事前評価
 
サポート機能・特徴
IEEE802.11a 準拠(技術協力 : 株式会社東芝研究開発センター)
IEEE基準書との対比が一目瞭然なモデル構成
IFS、NAVによる衝突回避機能
RTS/CTSによる衝突回避機能
ethernetへのportal機能
アドホック・インフラストラクチャネットワーク対応
5G帯(12CH)対応
通信速度6Mbps〜54Mbps対応
OFDM変調方式(16-QAM、64-QAM)サポート
OPNET標準のTCP/IP,アプリケーションモデル対応
2.4G帯 IEEE802.11(1999D10)モデルも付属
モデルの構造(ブロック図)
IEEEの基準書との対比が一目瞭然

このモデルの機能モジュールは、SDLで定義された「ブロック」と対照できるように構成されています。

さらに、ブロック間のプリミティブはすべてパケットとしてドキュメントと同じ名前で定義されています。
 
モデルの構造(SDL/遷移図)
IEEEの基準書との対比が一目瞭然

このモデルの遷移は、ドキュメントのSDLで定義されている遷移と同じ名称になっています。

さらに、IEEE基準書で使用している変数名や関数なども同一になっており、ドキュメントと対照しやすいよう考慮されています。
 
評価項目
このモデルは、統計値として以下の項目を評価できます。

Std802.11のSDLで定義されているdot11系のMIB統計値(送信データ数、リトライ数など)
アプリケーション層など上位層で取得できる統計値(ftpダウンロードタイムなど)
802.11MAC間のエンド・エンドディレイ、受送信データ数など
エアでの衝突発生回数など
 
どんなことができるか
このモデルは以下のような研究者に最適です。

Std802.11の基準外の自社独自機能の開発者
移動端末のローミングの方式検討
IEEE802.11を使用したマルチメディアシステム研究評価
通信品質の限られた場所でのシステム全体としての性能評価、方針検討
「Last ONE mile」など有線系・無線系が混在したシステムの方式検討、性能評価
Bluetoothなど他の方式との優劣比較評価
IEEE802.11規格の技術取得
 その他
 

トライアルお申し込み

Modelerトライアル

大学プログラムお申し込み

OPNET大学プログラムお申し込み

講習会お申し込み

セミナー・トレーニングお申し込み

カタログダウンロード

PDF 製品カタログ ダウンロード (1.75MB)


Modelerご紹介資料ダウンロード

PDF Modelerご紹介資料ダウンロード


LTEご紹介資料ダウンロード

PDF LTEモデルご紹介資料ダウンロード


CANご紹介資料ダウンロード

PDF CANモデルご紹介資料ダウンロード


開発事例

JKモデル


関連製品

WinProp

PrOpNet

NetFalcon

AcrossVT Evaluation

Intel® CoFluent™