株式会社情報工房
ニュースリリース

「AdRem NetCrunch V5.1J」リリースのご案内

株式会社情報工房(本社:東京都中央区、代表取締役社長:多田正浩)は、ポーランドのアドレムソフトウェア社(AdRem Software, sp.zo.o )のネットワーク監視/管理ソフトウェアである「AdRem NetCrunch(アドレム ネットクランチ) V5.1J(日本語版)」(以下、NetCrunch V5.1J)を11月25日から販売を開始いたします。

「NetCrunch」は、直感的なユーザーインターフェースと優れた操作性、情報システムの構成状態の可視化機能により、
ネットワーク、サーバ、アプリケーションといったネットワークシステムの管理、監視を容易に実現することができるソフトウェアです。
ノードの停止やインターフェースのダウンといった死活監視の他にHTTPやSMTP/POPといったアプリケーション/サービスの可用性を監視することも可能な為、情報システムの監視を一元化することができます。

「NetCrunch V5.1J」は、2008年7月にリリースした「NetCrunch V5J」のマイナーアップグレードバージョンとなります。

「NetCrunch V5J」のバグ修正の他、下記の機能が追加されました。NetCrunch V5.1Jの主要新機能:

・エージェントレス MacOS X、BSD監視
Windows/NetWare/Linuxのエージェントレス監視に加え、MacOS X、BSDファミリーに新たに対応。
SNMP監視やネットワークサービス監視と合わせて幅広いネットワーク監視・管理に対応します。

・高速監視オプション
NetCcrunchの監視のひとつであるネットワークサービス(TCP/UDP/IPX)監視のオプションとして既存の単純監視、標準監視に加え、1秒〜60秒間隔の高速監視が行える機能が加わり、即時性を要求されるネットワークアプリケーションの監視に強力な機能を提供します。

・関係性ステータスの表示
監視されているノードの状態を詳しく表示できるステータス表示画面に、ノードが属しているマップ、ビュー、ポリシーの一覧を表示し、ノードの監視環境を即座に把握できる画面が加わりました。
また、グラフィカルマップのノードアイコンを右クリックすると、それらの関連マップのリンクが表示され簡単に画面遷移することも可能です。

【お問合せ先】
株式会社情報工房 セールスサポート部 企画推進グループ(担当:林)
TEL:03-5623-7413
FAX:03-5623-7414