Aricent
製品概要製品に関しての詳細サービスサポート導入実績代理店紹介製品説明会お問い合わせ NetCrunch
NetCrunchとは?

AdRem NetCrunch(ネットクランチ)は、Windows Server上で動作するネットワーク監視のソフトウェアです。グラフィカルで分りやすいインターフェースを持つため、直感的な操作で設定することができます。また、1つのライセンスに全ての機能が含まれており、ネットワークの全側面を効率的に監視することが可能です。監視するエレメント数に依存しないため、コストを大きく削減することができます。

■ネットワーク構成の視覚化

NetCrunchのマップ機能を利用して、ネットワークの構成図やフロアの配置図などを視覚的に表現することができます。監視対象はマップ上にアイコンとして表示され、異常時にはアイコンが黄色や赤色に変化しますので、ネットワークの状況を容易に把握できます。

 

マップ

 

■ネットワーク上の異常検知とアラート通知

NetCrunchは、ネットワークで異常の発生などの状態変化を検知し、イベントログに記録します。イベント(監視項目)は重要度を選択できるので、発生したイベントをレベルごとに管理することができます。また、イベントが発生した際にはメール通知やプログラム/スクリプトの実行など、多彩なアラートアクションを利用して管理者に通知することができます。

◎ アラートアクションを利用した警告灯システムとの連携
  警子ちゃんシリーズ〜警子ちゃん4G〜(株式会社アイエスエイ)
 
◎ ログファイル監視エージェント(ソフトウェア)との連携によるテキストログの監視
  LOGettable(ロゲッタブル)
 

パトライト
◎ アラートアクションを利用した警告灯システムとの連携
  ネットワーク監視表示灯 NHシリーズ(株式会社パトライト)
パトライト
 


■パフォーマンスデータの収集

NetCrunch は監視対象が持つパフォーマンスデータを取得できます。データの収集には、監視対象に搭載されているSNMPエージェントを利用できるほか、一部のOS(Windows/Linux/Mac OS X/BSD/Solaris/VMware ESX/ESXi)に関してはエージェントレスでの対応も可能です。さらに、NetFlow/sFlowトラフィックのデータ収集も行えます。
収集したデータは画面上で確認できるだけでなく、レポートとして出力することや、しきい値を設定して違反時にアラート通知することも可能です。

パフォーマンスビュー

 

■リモート端末からの操作・確認

NetCrunch の設定は、専用のコンソールにて行います。リモート環境上にあるWindows端末にコンソールをインストールすることで、NetCrunchサーバーと離れた場所から設定することが可能です。
Webブラウザからのアクセスにも対応しており、リモート端末から簡単にネットワークの状態を確認することができます。この場合、ユーザーによって異なる閲覧範囲を設定することもできます。また、HTML5に対応しており、スマートフォンやタブレット端末からの閲覧も可能です。

 


 



 


 

トライアルお申し込み

NetCrunchトライアルダウンロード

製品説明会お申し込み

NetCrunch製品説明会お申し込み

カタログダウンロード

PDF 製品カタログ ダウンロード (1.4MB)


ご紹介資料ダウンロード

PDF ご紹介資料 ダウンロード


関連製品

LOGettable

Configral